講師のご紹介

登竜会の東大生講師

5つの特長

1.厳しい選考

東大生でも「人の教師」となる適性がある者は限られます。本部が成績チェック・レポート検査・面接などで選抜します。

2.研修を徹底

教育学にまつわる課題図書の読破や模擬授業を行い、登竜会の教師として一人前になってから個別指導を担当します。

3.多様な専門

登竜会では3年生以上で本郷キャンパスに通う東大生も多いため、多様な専門領域を背景に深みのある指導ができます。

4.チーム指導

戦略責任者と講師、2人以上の講師陣など、東大生がチームで指導することで、バランスの取れた指導を実現しています。

5.適正な報酬

講師には、指導力にふさわしい、他の家庭教師会社よりも高めの報酬を支払い、納得して働いてもらっています。


個別指導風景

対面指導

対面指導サンプル画像

オンライン指導

オンライン指導サンプル画像

※サンプル画像は実際の事例の資料を加工して掲載しています。

実際の先生の声

T.I.先生(東京大学 教育学部)

 

教員免許取得のための認定科目となっている教育学部の授業の履修状況

ほぼ履修済み。高等学校公民科第1種免許状取得。加えて、中学校・高等学校国語科第1種免許状、中学校社会科第1種免許状、高等学校地理歴史科専修免許状取得予定。  

自己アピール

私は中高時代から教員を志していることもあり、学業に関する指導だけでなく、普段の生活態度や人との関わり合い方といったあらゆる面での全人的な教育を生徒に施したいと考えています。家庭教師という事業は生徒の成績を向上させることが第一目標と捉えられがちではありますが、部活との両立や将来への展望など、自身が大学生である今だからこそ伝えられることを念頭におき、生徒に信頼される人物となれるよう精進したいと思います。