登竜会への家庭教師登録を
ご希望の東大生へ

登竜会からのメッセージ

「こどもは変われる。おとなも変わる」

1. 登竜会の理念に共感してくださる東大生へ

ともに人を変え、世界を変えませんか?

人を変えることは、一時的に人の代わりに何かを行うことよりも、とてつもなく困難なプロジェクトです。

 

しかし、その人がまた別の人を変え、

人知れず測り知れない価値を生み出す、やり甲斐に満ちたプロジェクトでもあります。 

 

時間の過ごし方・能力・思想信条・社会的地位など、

オトナはなかなか固定されたあり方から解放されることはできませんが、
こどもは、今、環境を変えれば、自己を超越して何者にでもなりうる、可能性の塊です。

 

また、他者を変えるためには、まず自分が変わらねばなりません。

 

登竜会は、ともに最高の教育活動を創造してくださる講師の方々や、

それを支える事務をお手伝いしてくださる方を常に募集しております。

「働いた経験が、付加価値になる教育事業」

2.目の前の現場の課題を戦略的に考え、

成果にコミットするコンサルティング能力を学生時代から

東大生には、アルバイト以外にもたくさんの時間の使い方の選択肢があります。

なのに、あなたは、誰でもができるアルバイトで時間を浪費してはいませんか?

 

自分のスキルに見合った能力が必要な仕事、

さらには、結果を出すには自分の成長も必要である仕事のにない手になって、

 

ぜひご自身の人格的涵養の糧としてください。 

 

"遊び"では達成できない、責任を負って何かを成し遂げることの意味がそこにはあります。 

「学びも、遊びも、諦めたくないなら」

3. もっと時間をつくりたい東大生へ

能力に見合う報酬で、学習/研究/"遊び"に時間を使いませんか?

たとえ保護者が高給取りだったとしても、生活費を自弁している方も少なくないでしょう。

それでも、あるいは、それだからこそ。

 

登竜会は自立を志す東大生を徹底的に支援します。 

 

ぜひもっと、あなたがしたい/あなたにしかできない創造的な活動にフォーカスしてください。

「東大生の持続的な共助コミュニティとして」

4. いま現に困っている東大生へ

当会/在籍講師陣は、"見て見ぬふり"をいたしません

東京大学は、定期的に学生生活実態調査を実施しています。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/students/edu-data/h05.html

 

最新の調査では、

学部生においては、アルバイトへの参加度・稼働時間は所得階層と無関係ですが、

アルバイト⽬的はかなり切実になり、11時間以上労働が18.9%、16時間以上労働が7.6%を占めます。

 

院生においては、働く理由は「⽣活費を稼ぐため」が過半数。暮らし向きが苦しければ苦しいほど、

アルバイトが勉学の妨げになり、悩みや不安も、特に就職や経済的自立の面で、強い相関を示します。

 

全体的に、経済的に困窮している学生ほど、進路や将来への悩みも大きくなります。

 

登竜会/在籍講師陣は、困っているあなたを見捨てません。

ご相談に応じて、緊急的な奨学金としての従業員貸付や、

興味関心・進路が似通っている、相談できる先輩の紹介を実施します。

登録後の待遇について

あなたにふさわしい待遇を用意しています。

厳しい採用と研修

当会は生徒様に高品質な学びを提供するために、講師の採用と研修を最も大切な活動と位置づけ活動しております。講師の方には、当会が用意した厳しい採用テストと研修を受けていただきます。

適正な高報酬

当会は生徒様に高品質な学びを提供するとともに、講師陣への学びと成長の機会も提供したいと考えております。したがって高い目標を設定しそれ相応の高い報酬を設定しております。


登竜会に共感してくださる

東大生をお待ちしております

どのようなご質問・ご相談でも、

お気軽にお問い合わせ下さい。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です